メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

日本の街歩き・山歩き

鶴橋の「エゴマの葉」で思い出したソウルの市場での出来事

先週の土曜日、鶴橋の市場で「ケンニ(エゴマの葉の醤油漬け)」を買って来た。 本来はご飯のおかずだが、酒のアテにもなる。私は87年~88年にソウルの下宿で慣れ親しんで以来、このケンニが大好きである。 こちらへ越して来てからも、三宮や元町辺りの…

鶴橋の「変わらない街の雰囲気」と「変化」

昨日、夜勤明けに大阪の鶴橋へ出て、駅の周囲を少し歩いてみた。 鶴橋を初めて歩いたのは、1989年だった。以来、32年の間に何度この街を歩いたことだろう。 32年の歳月を経て様々な変化があったけれど、来るたびに驚かされるのは、その「変化」より…

紅葉の再度山~新開地でランチ!

今日の夜勤明け散歩、まずは職場から三宮、再度山公園を経て、神戸電鉄の鈴蘭台駅まで歩いた。3時間半ぐらいのコース。 小雨が降り続いて、歩くのは往生したけれど、紅葉の名所と言われる再度山公園で、小雨に煙る紅葉はなかなか見応えがあった。 鈴蘭台か…

孫文記念館/毛沢東とアタテュルク

昨日の夜勤明け散歩は、「福原と文明堂」の後にも続きがある。カステラを買うと、新開地で山電に乗って舞子に向かったのだ。 11月2日の夜勤明け散歩で、駒ヶ林から舞子まで歩き、明石海峡大橋の袂に洒落た洋館があるのを見た。家に帰ってから調べて、その…

福原と文明堂のカステラ~レヴァーニの由来

昨日、神戸駅の方から歩いてきて、「シンチャオ」でバインミーを食べた後、新開地から山電に乗ろうと思って県道に出たら、「FUKUHARA/柳筋」と大きく記されたアーチ状の標識が見えた。 まだこの辺りの位置関係が良く解っていなかったため、『福原はここだっ…

日本とトルコの投票所の光景

10月31日の衆議院選挙、私は特に一票投じたいという気持ちもなかったけれど、投票の様子を見ておこうと思って行くことにした。投票が行われた小学校は家から自転車で5分もかからない所にある。 投票を終えたのは4時40分頃だったが、場内は人影も疎ら…

温泉で夢見心地!

今朝は、先月の夜勤明け散歩で発見した「湊山温泉」でゆったりと温泉気分を味わって来た。 先月は温泉まで3時間近く歩いたけれど、今回は電車とバスを乗り継いで50分ぐらいで着いてしまった。 都会の職場から1時間もかからない所に、まるで山間の一軒宿…

ネパールのモモも美味い!

昨日は姫路港まで家から自転車で出かけても良かったが、姫路まで行ったら、あのインド料理屋「シャンカル」に寄ってネパール料理のモモでビールを飲みたいと思ったので、姫路駅前で自転車を借りることにしたのである。 そのため、時間的に余裕が生じたお陰で…

トルコの朝食はオリーブとチーズ!

昨日は、夜勤明けに家で少し寝てから電車で姫路へ。駅前で自転車を借りると、一路姫路港を目指した。 何故、姫路港なのかと言えば、小豆島フェリーのターミナルで小豆島の特産品であるオリーブが土産物として売られていないかと思ったからだ。 トルコに居た…

ベトナムの人たちの街

80年代の後半、あの頃も日本には海外からたくさんの人たちが働きに来ていた。 当時、日本は経済大国と持て囃され、好景気に沸いていたから、労働条件は厳しくても、彼らが日本で働くメリットは大きかったのだろう。 89年、韓国の会社の東京の支店で働い…

移住した南米から帰国した先輩親子

昨日の夜勤明け散歩では、神戸モスクの近くにある「移住ミュージアム」にも寄ってみた。 ひょっとしたら、41年前、妙高高原赤倉温泉の観光ホテルで働いていた時に知り合った人の消息が掴めるかもしれないと思ったからである。 その人は職場の先輩で、当時…

縁起の良い日は昼飯も美味しい!

今日の夜勤明け散歩は、勤務地のポートアイランドから三宮、新神戸、北野、元町というコースだった。 昼飯を神戸モスクの近くにある「シャワルマ」というケバブ屋さんで食べようと計画したため、開店の11時に合わせたコースになった。 また、今日はイスラ…

ラーメンの第一旭

今朝は、夜勤明けに神戸駅まで歩いて「第一旭」のラーメンを食べて来た。2時間歩いて、ちょうど開店の10時過ぎ、ほぼ計算通りだった。 第一旭は京都が発祥の地であり、神戸の第一旭は「神戸ラーメン第一旭」と称するのが正しいらしい。 いずれにせよ、関…

吉野家の牛丼!

昨日、夜勤明けに大阪の布施まで出て、スーパー銭湯で一休みする前、軽く腹ごしらえしようと思っていたら、駅の直ぐ近くに吉野家があったので、久しぶりに牛丼を食べた。 緩い糖質制限を続けているので、ご飯や麺類を食べるのは、ほぼ週一ぐらいになっている…

街を歩けば出会いもある!

昨日は、神戸トルコライスで「かつトルコ」の方を食べてみようと思い、夜勤が明けると、歩いて大倉山公園近くの神戸トルコライスへ向かった。 しかし、歩いても2時間ぐらいで着いてしまうから、1時間ほど何処かで時間調整しなければ、店の前でぼんやり開店…

昨日も難波のガチ居酒屋!

昨日、またあの「難波のガチ居酒屋」で一杯やって来た。 先月は気が付かなかったけれど、ここは24時間営業で、朝から酒類も提供しているそうだ。 昼夜交替のシフトで働いている人たちが、夜勤明けに飲む所も必要だろう。「朝から酒飲んで・・」なんて言わ…

醤油バター味のスパゲッティ美味い!

昨日は、夜勤明けに三宮から諏訪山公園の辺りを3時間ほど歩き、三宮に戻って昼を食べた。 三宮なら選択肢はかなりあったが、探し回ったりせず、当初から予定していた星乃珈琲のスパゲッティにした。 星乃珈琲は、福岡にいた頃、よく昼に利用していたけれど…

凄い国、パキスタンと日本!

先日、夜勤明けに三宮の駅まで歩いたら、途中、真新しいビルの正面に、日章旗とパキスタンの国旗が掲げられているのを見た。 どうやら、そのビルは「JAN TRADING」という企業の社屋らしいが、何故、パキスタンの国旗も掲げられているのか気になって調べてみ…

そういえば「八月の濡れた砂」を聴いていなかった・・・。

現在の警備員の職場は、朝8時から翌朝の8時まで24時間勤務して、2~3日の休みが入るという変則的なシフトになっている。 場合によっては、4日休みが続くこともあれば、1日挟んでまた勤務になったりする。 今日は、その「連勤」の間の日で、朝、夜勤…

難波のガチ居酒屋!

昨夕、大阪へ出て、友人と一杯やってきた。 当初は、「島之内のガチ中華!」で、四川に続いて上海を旅するつもりだったが、店頭に掲げられた「酒類は提供できません」の張り紙を見て諦めた。 「緊急事態宣言」に応じた処置のようだけれど、私は迂闊にも緊急…

トルコライス!

昨日、夜勤明けに大倉山公園近くの洋食店で「トルコライス」を食べて来た。 この洋食店は、店名そのものが「神戸トルコライス」であり、メニューもトルコライスに特化されている。 先月、バスで店の前を通った際に気が付いたけれど、その大きな「トルコライ…

カツカレーの思い出

今日、姫路の銭湯へ行った帰りに、姫路の駅前で久しぶりにココイチのカツカレーを食べて来た。 福岡では良く食べていたけれど、こちらへ越して来てからは、場所とタイミングが合わず、なかなか食べる機会がなかった。 ココイチのカレーを食べると、20代の…

立ち飲みで一杯!

シフトの調整で連休になっているので何処か温泉にでも行きたいところだが、そういう経済的な余裕などあるはずもない。 いつも通り姫路の銭湯で満足してから、湯上りに中央市場の辺りまで出て一風変わった立ち飲み屋で一杯やった。 この立ち飲み屋は水産加工…

浄土寺~ひまわりの丘公園

昨日、小野市の「ひまわりの丘公園」に出かけてみた。 職場のカレンダーは、1月~12月まで全て関西地方の名所の写真が背景になっているけれど、8月は一面のひまわり畑である。 トルコでは、8月頃、トラキア地方に行くと果てしなく広がるひまわり畑に目…

島之内のガチ中華!

昨日は、高校同期の友人と大坂島之内の中華料理屋で飲んだ。 かつての島之内は、1980年代以降に韓国から渡ってきた人たちが多く暮らす所謂コリアタウンだったけれど、最近は中国の人たちも多く、韓国料理屋よりも中華料理屋の方が目立っているような気が…

朝霧の温泉

今日は夜勤明けに神戸線の朝霧駅で途中下車して「瀧の湯」というスーパー銭湯に寄ってきた。 「瀧の湯」は神戸線の車窓からも「ゆ」と大きく建物に記されているのが見える。 それで『いつか寄ってみよう』と1年ぐらい前から考えていたけれど、それがようや…

「本場インド料理」の店でネパール料理?

昨日、また姫路へ出たついでにインド料理屋に寄って、「ネパールセット」を食べて来た。 「本場インド料理」と銘打って、店頭にインドの国旗を掲げ、タージマハールの写真も貼りだしているけれど、働いている人は皆ネパールの人らしい。 そのため、「ネパー…

インド料理とガラムマサラチャイ

昨日は姫路へ出たついでにインド料理を食べて来た。 姫路なら遠すぎるということもない。電車で10分ぐらいである。しかし、インド料理店までは歩いて20分ぐらいかかった。周囲は静かな住宅地で『こんな所で商売になるのか?』と思ったけれど、どうやら車…

中華風の角打ち?

昨日、数年の間、毎日のように着ていたジーパンが尻の辺りで裂けてしまった。 ブックオフで500円ぐらいで買ってきたジーパンだから、それほどショックもなかったけれど、とりあえず替えのジーパンを用意しなければならない。 それで、難波にあるブックオ…

東山魁夷展

昨日は、夜勤明けに神戸博物館で東山魁夷展を見てきた。 こういった美術の展覧会に足を運ぶことは殆どなかった。音楽のコンサートなどを聴きに行くこともない。 芸術を大勢の人たちと一緒に鑑賞するのは、ちょっと気が引けるように感じてしまう。 情けないこ…