メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

国民に我慢を強要できる国・できない国/トルコのNATO問題

米国はロシアを内部から揺さぶるために、プーチン氏に対するネガティブキャンペーンを展開しているようだけれど、これにどれほどの効果が期待できるだろう?

選挙を実施していない中国よりは多少期待できるのかもしれないが、ロシアの選挙は余り公正とは言えないような気もする。

大統領選挙におけるプーチン氏の8割近い得票率など、いったいどうやって信じられるのか?

プーチン氏と共に「独裁者」などと揶揄されているトルコのエルドアン氏とAKP政権は、2002年以来、重要な選挙を勝ち続けて政権を維持して来たものの、最高の得票率はエルドアン氏が大統領選挙で得た52%に過ぎなかった。

米国のバイデン大統領が「クーデターで倒せなかったエルドアンを選挙で倒すためにトルコの野党を支援する」と発言したことが問題になっていたけれど、来年の大統領選挙もエルドアン氏にとって非常に厳しいものになりそうだ。

現在、トルコでは、スウェーデンフィンランドNATO加盟をエルドアン大統領が拒否したことが、もちろん大きな話題になっている。

また、拒否の問題が生じる前、それに至ったスウェーデンの加盟申請を疑問視する識者も少なくなかった。

「ロシアと長い国境線を有するフィンランドの立場は理解できるが、歴史上如何なる危機的な状況でも中立を保って来たスウェーデンが何故加盟を申請しているのか?」というのである。

そのため、「背後で米国が加盟申請するよう圧力を加えていたのではないか?」と論じる識者もいて、エルドアン大統領の「拒否」はスウェーデンではなく米国に向けられたものだと説明されている。

そもそも、拒否の理由として掲げられた「テロ組織への支援」で米国に勝る国など何処にも存在していないのである。

一方、ジャーナリストのアルダン・ゼンテュルク氏は自身のユーチューブチャンネルで、「エルドアン大統領の拒否に米国が厳しい反応を見せていないのは、それが愛国的なトルコ人らの反発を招き、来年の選挙でエルドアン氏を有利にさせてしまうからだ」というような説を展開していた。

これはどうなんだろう? トルコで現地の声を聞けるチャンスもないから良く解らないけれど、来年の選挙で争点となるのは「経済の低迷」や「難民問題」であって、2016年7月のクーデター事件の際に感じられた愛国的な雰囲気は大分薄れてしまったようにも思える。

ロシアは、いざとなれば国民へ我慢を強要できるかもしれないが、トルコはそういう国じゃない。スウェーデンはもちろん、西欧各国もそうだろう。国民へ我慢を強要したら次の選挙に勝てなくなってしまう。

しかし、この国々に比べたら、トルコには未だ愛国的な精神が作用する余地が残っているような気もする。米国等の外国が支援するテロ組織との戦いが絶えなかった数十年来の記憶がそうさせるのではないかと思う。

イスタンブール・カドゥキョイ(2016年夏)



 

 

ロシアと西欧の戦争?

マリウポリ陥落前に同地を取材したメフメット・ペリンチェク氏は「アゾフスタリ製鉄所に400人近い西欧の軍人が立て籠もっている」と主張していた。そのため、「ロシア軍は彼らを生きたまま確保する必要があり、慎重に事を進めていた」というのである。

しかし、陥落後、この西欧の軍人らに関する続報は伝えられていない。どうやら、ロシア軍の見込みは外れてしまったようである。

ロシア軍が「ウクライナの軍に西欧の軍人が加わっている」と主張してきたのは、西欧がウクライナに供与した最新テクノロジーの兵器に手を焼いているためらしい。

ペリンチェク氏のような親ロシア派ではないトルコ人識者らの中にも、「西欧は兵器を供与しただけでなく、軍人を派遣して教育や実戦の指示を行わせている」と論じる人がいる。最新テクノロジーの兵器は、それを使いこなせる指揮官がいなければ機能しないからだという。そのため「これはロシアと西欧の戦争である」と論じられている。

一方で、西欧はロシア軍に壊滅的な打撃を与えられる長距離ミサイル等は供与していないそうである。それを供与したら、本当にロシアと西欧の戦争になってしまうだろう。

ロシアは最低限の目標地域を既に実効支配しているが、テクノロジーの面で西欧に劣るため、これ以上進軍するのは難しい。

西欧もロシア軍を占領地域から撃退させるためには長距離ミサイル等を使わざるを得ないが、それは何としても避けたい。

この辺に妥協点を見つけて停戦を実現させるのか、あるいは、このまま膠着状態を続けて完全に泥沼化させるのか、その瀬戸際にあるらしい・・・。

「戦争が長引けばロシアは不利」というのが一般的な見方だろう。しかし、「我慢比べ」になったら、ロシアは存外に強いかもしれない。歴史上、ロシアはその「我慢強さ」を何度も実証してきたと主張する人もいる。

冷戦時代、ソビエトは米国と並ぶ大国だったけれど、国民の多くは豊かで贅沢な暮らしに慣れ親しんでいたわけじゃない。だからこそ、ソビエト崩壊後の困窮を耐え忍ぶことができたのではないかと思う。

崩壊後の92年~94年、私はイスタンブールで多くのロシア人を見た。老若男女を問わず多くのロシア人がラーレリ辺りの歩道に様々な売り物を並べて商いに励んでいた。彼らは、それをロシアから長距離バスで何昼夜もかけて運んで来るのである。

言葉が通じないので、客と電卓に金額を打ち込み合いながら、交渉が成立すれば「ダー」、さもなければ「ニエット」と答えて交渉を続ける。

若い女性たちは、自分の体も売り物にしてしまう。93年か4年の夏、黒海地方を旅行して、トラブゾンの安宿街で、ホテルの前に多くのロシア人女性が屯しているのに驚かされたこともある。実に逞しい人たちだと思った。

以下にご紹介した記事を読むと、ロシア革命後、イスタンブールに逃れて来た旧ロシア帝国の貴族の子女たちも凄く逞しかったようだ。そういったロシア人女性が日本人外交官の妾になり、その後、外交官を殺害してロシアに逃げたなんて話も出て来る。

いつだったか、イスタンブールのブックフェアで筆者のゼキ・ジョシュクン氏と会う機会があったので、記事が事実かどうか訊いたところ、実際の資料に基づいて書いたそうである。

細雪」に登場するロシア人の家族も逞しい。あの逞しさは、多少富裕になったところで失われたりしない、彼らの伝統に根差したものであるかもしれない。これは今でも変わっていないようにも思える。

「豊かになった欧米の人たちには無理だが、ロシア人は未だ戦争が出来る」という声も聞かれる。今後の展開はいったいどうなることだろうか?

イスタンブールロシア正教の教会で祈る人たち。(2016年1月)



 

マリウポリ陥落

トルコの新聞アイドゥンルック紙(Aydınlık Gazetesi)で5月9日から「ドンバス日記」というレポートが連載されていた。

アイドゥンルック紙は親ロシア派の政治家ドウ・ペリンチェク氏の傘下にあると言っても過言ではない報道機関であり、「ドンバス日記」の筆者は、ペリンチェク氏の子息メフメット・ペリンチェク氏だった。メフメット・ペリンチェク氏は、現在、モスクワの大学で教鞭を取っているという。

9日の記事に少し目を通したところ、まず最初に「4月29日~5月1日、ロシア国防省の招待を受けてドンバスその他の地域に赴いた・・」と記されていて、ちょっと引いてしまった。これも欧米側の怪しげな情報と変わらない「大本営発表!」みたいなものだろうと思ったのである。

このロシア国防省の主催による現地取材ツアーには、フランス、ドイツ、インド、アラブ諸国等々の記者も参加していたそうだが、トルコからはペリンチェク氏以外に参加者がいなかったらしい。

大本営発表!」という先入観もあったうえ、記事が見聞の詳細にまで至る非常に長いものであったため、とても読み通す気にはなれず、所々拾い読みしただけで、連載の続きには殆ど目を通すこともなかった。また、それほどの暇もなかったのである。

拾い読みした9日の記事には、マリウポリ現地の見聞として、アゾフスタリ製鉄所に立て籠もっているウクライナ軍兵士らの兵糧等は僅かしか残っておらず、「遅くとも2週間以内に投降する」と伝えられていた。

しかし、9日の時点で、私はこの「大本営発表!」も半信半疑で読み流していたけれど、今日の報道によれば、アゾフスタリ製鉄所から兵士らの投降が始まった事実をウクライナ側も認めたそうである。

日本の各紙の中には、「兵士らが退避」とか「任務の終了」などといった不明瞭な記述も見られるものの、ロシア軍のウクライナ侵攻における最も重要な目標の一つであるマリウポリが陥落したのは、もはや隠しようもない事実だろう。

欧米側の報道による「ロシア軍がアゾフスタリ製鉄所で化学兵器を使用」というのも、兵士らが生きて投降したというのだから、おそらく事実に反していたのではないかと思う。こちらの「大本営発表!」は話半分どころか真っ赤な嘘だった可能性もある。

今思えば、ロシア国防省が海外の取材陣を招待したのは、それなりの自信に基づいていたのかもしれない。

9日の「ドンバス日記」には、アゾフスタリ製鉄所に400人近い西欧の軍人が立て籠もっているという情報も明らかにされていた。

もっとも、現地の親ロシア派指導者は、この情報が未確定であるとして、「アゾフスタリが解放されれば解るだろう」と語ったそうである。そのためにも、ロシア軍は彼らを生きたまま確保する必要があり、慎重に事を進めていたらしい・・・。

さて、今後、どのような事実が明らかにされるのだろうか?



 

韓国料理を食べながら考えたこと

今日の昼飯は、姫路の駅地下にある「bibim」という韓国料理チェーン店でランチを食べた。

「bibim」は博多駅前ビルのレストラン街にもあって、福岡にいた頃、何度か入ってみようと思ったけれど、いつも待っている人が多くて諦めた。待っていたのは若い女性たちが多かったように記憶しているが、今日の姫路の「bibim」でも店頭に並んでいたのは皆若い女性だった。

10分ほど待って席に案内されてから、ざっと店内を見渡したところ、来客の9割方が若い女性であるように思えた。私は大分浮いた存在に見えたに違いない。

2019年の11月に訪れた生野のコリアタウンでも若い女性たちの姿が目立っていた。福岡の「あぷろ」という韓国料理店などは若い女性客ばかりで男1人では入りづらい雰囲気が感じられたほどだ。何故だろう?

私と同年配の男たちが、少しお洒落な韓国料理店に余り興味を示さないのは何となく解る。30年ぐらい前に得た韓国の印象をそのまま維持しているのではないかと思える人たちもいる。彼らはお洒落な韓国料理店に群がる若い女性たちを不愉快に感じるかもしれない。

2011年頃、イスタンブールで、アナトリア通信の友人に呼ばれて、新聞記者協会の立食パーティーにのこのこ出かけたところ、4人ぐらい集まって談笑していた老齢のジャーナリストに呼び止められた。

その80歳は過ぎていたと思われるジャーナリスト氏は、「日本人? 日本人は凄いね、船に玩具の材料を積み込んで、太平洋を渡る間に組み立ててしまうというんだから賢いよ」とだけ言って笑い、『君はもういなくなって宜しい』という手振りで私を解放してくれた。多分、相手がいくら若くても、欧米人にああいう態度は取らなかったのではないかと思う。

そのジャーナリスト氏が思い描いていたのは、低価格の粗悪品を輸出して稼いでいた昭和初期の日本だったような気もする。

どうやら若い頃にインプットされたイメージは、固定化されてしまう傾向があるようだ。日本にも、韓国や中国を「低価格の粗悪品を輸出する国」と未だに思っている高齢者がいるかもしれない。

もちろん、トルコで私ぐらいの世代が思い描く日本のイメージは、かなり良くなっている。日本と言えば、真っ先に高度な科学技術を思い浮かべる人たちも少なくないと思う。

しかし、最近のトルコのニュース番組等を観ていると、東洋で話題になるのは圧倒的に中国である。ようやく良いイメージで語られるようになったかと思ったら、もう中国の影に隠されてしまったかのようで悲しくなる。



 

「日本とトルコの友好」

《2013年3月20日の記事を再録》

一昨日(2013年3月)、ボスポラス海峡の連絡船に乗ったら、韓国人の青年と隣席になり、船がアジア側に着くまで20分ぐらい雑談した。
大学4年生で、初めて海外旅行に出たと言う。まず、日本に渡り、博多、大阪、東京を経て、4日前にイスタンブールへ来たらしい。
「日本の人たちもトルコの人たちも皆とても親切なんで楽しく旅行できます。我が国の人たちは、こんな親切じゃないですよ」なんて話していたけれど、どうなんだろう? トルコ人が親切なのは解るけれど・・・。
日本へ旅行したトルコの人たちからも、「日本人は親切」という話は良く聞く。何処の国でも、外国人の旅行者には、特に親切なのかもしれない。韓国もそうだと思う、自分たちは気がつかないだけで・・・。
韓国には兵役があるから、大学4年生というと23~4歳になるのか? いずれにしても、88年、私が韓国に滞在していた頃、彼は未だ生まれていなかったような気がする。
当時、韓国で海外旅行に出かける人たちは、ごく限られていただろう。今、調べてみたら、海外渡航が完全に自由化されたのは89年だったそうだ。
私は、89年の9月から4ヵ月ぐらいの間、日本で韓国から来る旅行者の案内もしていた。サムスンやLGといった大企業が送り込んでくる“研修旅行者”の団体が顧客だった。
秋葉原で電化製品を買い漁るLGの管理職に、「いずれも御社で扱っている製品じゃないですか?」と訊いたら、「いやあ、やっぱり日本製に限りますよ。うちの製品なんて直ぐ壊れちゃいますから・・」と屈託無く笑っていた。今、思えば、その笑い顔を冷ややかな目で見て蔑んでいた私が恥ずかしい。
初めて日本を訪れた人たちは、日本の繁栄を目の当たりにして不愉快そうだった。お客さんには楽しんでもらうべきだと思ったので、予定を早めに消化して時間が余れば、山谷のような繁栄の陰の部分も見せた。
とても喜んで、韓国に帰ってから、感謝の手紙を送ってくれた人もいる。“日本の恥部ツアー”といった企画でも組めば、相当な商売になるんじゃないかとさえ思った。
サムスンから来た5~6人のグループを山谷に案内した後、わざわざ吉原のソープランド街を通りながら、「この両側のビルは、皆、売春をしています」と説明したところ、一行のリーダーを務めている課長さんは、「ほお、日本にもこんな場所があるんですね」と顔をほころばせてから、驚くべき一言を付け加えた。
「でも、働いている女性は、皆、韓国人なんでしょ?」
なんという被害妄想だろう。愕然として思わず耳を疑った。「いや、この辺の店は営業許可をもってやっているから、不法就労の外国人女性は殆どいないと思いますよ」と補足したら、課長さんは部下たちを振り返り、「おい、聞いたか? 日本の女性がいるそうだ。誰か今晩行ってみる奴はいないのか?!」と発破をかけ、車内は爆笑に包まれた。
しかし、こんなことを繰り返しながら、私は韓国という国に対する敬意を急速に失ってしまう。これが、一旦、韓国から離れることを決意した最大の要因だった。
それから、私はトルコ語を学び始め、91年にトルコへ来て以来、既に22年が過ぎようとしている。

この22年間で、世界は随分狭くなったように思う。91年に初めてイスタンブールの観光名所スルタンアフメットを訪れた時、この界隈を行き来する外国人ツーリストは、西欧の人たちか日本人が殆どで、あとはアラブの石油成金ぐらいだった。
今や、韓国や中国、インド、南米の国々等々、世界のあらゆる所からトルコへ旅行者が訪れる。トルコの人たちも気軽に海外へ旅行に行く。
考えてみたら、日本人が気軽に海外旅行できるようになったのも70年代以降のことだろう。
高校生の頃、酒や煙草の味をどのくらい早くに覚えたのか自慢して粋がったところで、3年もすれば、誰もが酒を飲んで煙草を吸うようになるのと同じで、少しばかり早く繁栄した日本を得意に思っていた私は実に恥ずかしい。

トルコには、オスマン帝国からビザンチン帝国、そして古代ギリシャに遡る偉大な文明の蓄積がある。この悠久の歴史を考えたら、日本の経済的な発展など、つい最近の事象だろう。私たちの弥生時代に、この国の人たちは既に都市文明を築いていたのだ。
先日、長年日本と関わってきたトルコ人の知り合いと会って話したら、何だか思い切り日本への不満をぶつけられてしまった。
― いつまで経っても、“親日トルコ”といった陳腐な紹介を試みようとする。まるで、親日だから相手にしてあげるようだ。何処までトルコを馬鹿にしたら気が済むのか。近隣の国々と友人になれず、親日国を探して世界を彷徨い、トルコと友達になりたくてしょうがないのは日本のほうだろう。―

確かに、そんなところかもしれない。まったく情けなくなる。
人間関係と同じく、国と国の付き合いも、お互いの敬意がなければ巧く行かないと思う。それで日韓はややこしくなってしまった。トルコとの交流はそうならないように祈りたい。



 

ネパールはトルコの82番目の県?

以下のトルコのユーチューバーの動画、画面に「82NEPAL」と記されているのは、「ネパールがトルコの82番目の県であるかのようだ」という意味らしい。

これではネパールをトルコ領内に含めてしまっているみたいで、ネパールの人が見たら気を悪くするかもしれないが、ユーチューバーは『そのぐらいネパールが好きだ!』ぐらいの他愛無い意味で使っているのではないかと思う。

www.youtube.com

インドからネパールに入国したユーチューバーのメフメト・センディンチ氏は、ネパールをインドと比較しながら「インドより遥かに清潔」「インド人よりも人情が濃くて、しかもインド人みたいにしつこくない」「故郷に帰ったように感じる」等々、ネパールをべた褒めしている。

私は20年暮らしたトルコから戻って来て、しばらく福岡でネパール人の就学生らと一緒に働き、ネパールにはとても愛着を感じているので、第二の祖国と思っているトルコの人がネパールを好きになってくれたのは非常に嬉しいことである。

こうしてネパール好きになったトルコ人は彼に限らないようで、カトマンズの安宿には長期逗留する若いトルコの人たちがたくさん集まっているらしい。また、その殆どがユーチューバーとして情報を発信しているというのもなかなか興味深い。

安宿のテラスで、このトルコ人ユーチューバーらがバックギャモンに興じていたりする場面を見たら、30年~20年ほど前、イスタンブールの安宿で屯していた日本人バックパッカーたちを思い出してしまったけれど、トルコ人の彼らもバックを背負って旅するバックパッカーに違いない。

おそらく30年前にユーチューブという媒体があれば日本人バックパッカーもユーチューバーになっていただろう。しかし、現在の日本には、バックを背負って世界を旅する若者も余りいないらしい。バックパッカーという言葉自体が既に死語になっているかもしれない。

なんだか時代の変遷を感じてしまった。


 

  

自転車で加古川市内探訪

今年から始めた配送運転手の仕事、配達区域はほぼ加古川市内に限られている。お陰で市内の地理がようやく解って来た。

隣接する高砂市に住んでいながら、それまで加古川方面へ出かけることは余りなかったのである。

正月、初詣に出かけた鶴林寺は、加古川市内随一の名刹と称されるだけあって、実に味わい深い趣が感じられたけれど、車で走り回っていると、他にも思わず目を引かれるような光景が所々に現れる。

しかし、信号等で止まらない限り、そのまま通り過ぎてしまうので、いつか休日に自転車で来てみようと思ったものの、冬の間は寒くて、とても自転車を走らせる気にはなれなかった。それを五月晴れの今日、やっと実現させたのである。

今日の主たる目的地は、別府港(「べっぷ」ではなく「べふ」と読む)近くで目にした「多木浜洋館」。これは国の有形文化財に指定されているそうだ。

日本で初めて人造肥料の開発に成功した多木化学の創業者が迎賓館として創建したという。この多木化学の本社の建物も非常に趣がある。

多木化学は自社製品を輸送するために2つの路線を持つ別府鉄道も運営していたが、いずれも1984年に廃線となり、野口線の跡地は「松風こみち」という遊歩道になっている。

今日はその「松風こみち」を旧野口駅から辿って山陽電鉄別府駅まで出た。途中、昔の車両が展示されていたり、線路の跡が残っている所があったりして、なかなか楽しかった。