メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

トルコリラの暴落と早期選挙

トルコリラの急激な下落が止まらない。生活物資の値上がりも続いているようだ。

このため、元来エルドアン政権の支持層だった保守的な庶民の中からも政権を批判する声が上がってきた。2017年4月まで私が暮らしていたイエニドアンでも、SNSに政権批判を書き込む友人たちがいる。

しかし、かつてエルドアンを激しく嫌っていた左派の友人は、「我が国の主権を守るための闘い」という政権側の主張に理解を見せていた。

こういった意見の相違には、各々が経済的な余裕をどのくらい維持しているかという条件も関わっているだろう。

もっとも、早期選挙が行われる可能性は非常に低く、2023年まで選挙は予定されていないので、当面、大きな動きはなさそうである。

ところで、早期選挙に関しては、政権を支えるMHPのバフチェリ党首もこれを強く否定したことが話題になっていたけれど、エルドアン氏のAKPを政権に押し上げたのは、2002年に実施された早期選挙だった。

当時、連立政権で首相を務めていたエジェビット氏が体調を崩して入院したため、早期選挙が取り沙汰されたものの、それを決定的なものにしたのは、連立政権の副首相、MHPのバフチェリ党首も早期選挙を要求したからである。

2002年、バフチェリ氏が早期選挙を否定し、政権の維持を強く主張していたら、果たしてどうなっていただろう? 今回と前回でバフチェリ氏の判断の相違は何に依拠していたのか?

いずれにせよ、その2002年の選挙では、複数の政党が規定の10%以上の得票率に至らず、議席を与えられなかったため、エルドアン氏のAKPは僅か34%の得票率ながら、66%の議席を確保して単独政権に就いてしまったのである。バフチェリ氏のMHPも、9%の得票率に止まり、議席を得ることはできなかった。

もちろん、選挙が国政に民意を反映させるためのシステムであるのは疑いの余地もないけれど、何だか他の様々な要因も「選挙」に影響を与えてきたように思われてならない。

 

全斗煥元大統領の訃報

韓国の全斗煥元大統領の訃報が伝えられた。私が初めて韓国を訪れた1987年当時の大統領だった。

全斗煥氏は1979年のクーデターによって政権を掌握すると、米国、そして日本との関係を強化して、韓国に経済的な繁栄をもたらし、1988年のソウルオリンピックを実現させる。

当時、私はソウルで韓国語を学びながら、『日本も韓国もこれからどんどん良くなって行くだろう』とボンヤリ考えていた。

今から思えば、なんとも解りやすい時代だったと言えるかもしれない。日本は冷戦の構造の中で繁栄の絶頂にあり、韓国も日本の後を追うためには、米国との関係を強化する以外に選択肢はなかっただろう。

あれから、30年余、まずはソビエトの崩壊と冷戦の終結があり、その後は中国の台頭により、世界は大きく変わろうとしている。

全斗煥大統領の政権が、当時の現実を良く見極めて、経済発展を導いたのは確かだと思う。

しかし、私が当時の古い頭のまま、2003年に発足した盧武鉉政権以降、親米と反米の間で揺れ動いた韓国の問題は、非現実的なイデオロギーにあると決めつけていたのは明らかな誤りだった。

考えてみれば、現在収監中の朴槿恵前大統領も、その親中的な姿勢が米国で批判されたりしていた。

朴槿恵氏の中国語はほぼネイティブのレベルであるそうだ。ひょっとすると、父・朴正煕氏は、将来の中国台頭に備えて、娘に早くから中国語の教育を与えていたのかもしれない。

果たして、これから世界はどうなって行くのだろう?

merhaba-ajansi.hatenablog.com

 

 

「トルコの社会の分断と対立」

《2020年10月26日付けの記事を修正して再録》

私はトルコで、まず1991年~94年まで3年間暮らし、それから4年間のブランクを経て1998年~2017年まで過ごした。

私が初めてトルコを訪れてから、既に30年が過ぎようとしている。この30年の間で最も大きな変化は、やはり産業化、そして都市化の進展ではなかったかと思う。

イスタンブールの人口は、1991年の約750万が2019年には1千550万とおよそ2倍に膨れ上がっている。その間、トルコ全域の人口増は1.4倍ほどだから、大都市への人口集中は相当進んでいるようだ。

よく言われている「イスラム化」という現象は、人口の流入と共に農村部のイスラム的な伝統が、かつては非常に西欧的だった大都市部へ持ち込まれて目立つようになったためだろう。

スカーフの着用や断食の実践は、トルコ全体から見た場合、特に増えたわけでもないらしい。断食の実践は、2017年までの10年間で明らかに減少の傾向を見せていたという。

しかし、その10年の間は、ラマダン月が夏季へ向かうことで実践が過酷になる時期と重なっている。冬季に向かって実践が楽になると、多少持ち直すことは有り得るかもしれない。

とはいえ、犠牲祭における「生贄の屠殺」といった季節と関わりのない教義の実践も明らかに減りつつある。しかも、これはイスラム的と言われたAKP政権の下でも続けられた規制の強化が要因の一つになっているだろう。

私が初めてトルコで暮らした1991年には、非常に西欧的なイズミルの街角でも、犠牲祭に羊がばっさりという光景を見ることができたけれど、AKP政権が所定の施設以外での屠殺を禁じてからは、都市部でそういった光景を目にすることはなくなった。

保守的な友人家族の娘さんは、政教分離主義的な家族の子息と結婚したため、双方家族の軋轢を悲しみ「エルドアンは私たちの家族を引き裂いた」などと論じていたが、アタテュルクの時代であれば、彼女ら夫婦は知り合う機会さえ得られなかったに違いない。

彼女は、都市化の波の中で、1992年、12歳ぐらいだった時に家族と共にイスタンブールへ移住して、名門のイスタンブール大学へ進み、ここで将来の伴侶と知り合う。そして、義務教育程度しか受けるチャンスのなかった両親とは異なる世界観を身に着けて行く。

こういった事例は、私の周辺で未だ他にいくらでも挙げることができる。政教分離主義的な軍人の娘さんと結婚した保守的な友人の子息等々・・・。彼も名門のアンカラ大学へ進んだことでその機会を得たのだ。

果たして、こういった夫婦たちの家族を「保守的な」とか「政教分離主義的な」と言って区分けすることが可能だろうか?

おそらく、都市化の進展により、「分断と対立」どころか、双方の垣根は低くなり融合がもたらされてしまったのではないかと思う。スンニー派とアレヴィー派の家族による「異なる宗派間の婚姻」も年々増える傾向にあるという。

また、30年前なら、「演劇や映画界で活動している人たちは例外なく政教分離主義者」といった業種による区分も成り立っていたけれど、こちらの垣根も急速に取り払われつつある。

2015年に2ケ月ほど行動を共にした映画製作スタッフの代表者は、「我々業界の飲酒率は100%」と豪語していたが、私はその中で乾杯の時にも全くビールに口を付けようとしない青年に気がついた。青年は「私たちの宗教で飲酒は禁じられています」と言うのである。

保守的な家族で育った青年は、子供の頃に観ていた日本のアニメに影響されて、この業界に入ったらしい。数か月前、彼が結婚したことをフェイスブックで知らされたけれど、新婦はスカーフなど被っていないモダンな雰囲気の女性だった。同じ業界の人だろうか?

「分断と対立」や「イスラム化」などが取り沙汰されているのは、そういったセンセーショナルな見出しに興味を示す人たちが多いからなのかもしれない。

実際のところ、近年、トルコで生じている変化は、所謂「先進国」が産業化・都市化の中で経験して来たものと殆ど変わらないのではないかと思う。産業化のお陰で世間は忙しくなり、「先進国」と同様、人々は年々ドライになって来たような気もする。


 

 

 

鶴橋の「エゴマの葉」で思い出したソウルの市場での出来事

先週の土曜日、鶴橋の市場で「ケンニ(エゴマの葉の醤油漬け)」を買って来た。

本来はご飯のおかずだが、酒のアテにもなる。私は87年~88年にソウルの下宿で慣れ親しんで以来、このケンニが大好きである。

こちらへ越して来てからも、三宮や元町辺りの韓国食材店で買い求めたりしていたけれど、昨年来、何処の店でも見つからなくなっていた。コロナ騒ぎで入荷が止まっているそうだ。

まずは、コロナ騒ぎの影響がこんな所にも及んでいることに驚き、それから、ケンニが輸入品であると知って、これまた驚いた。「エゴマの葉」なんて、日本にいくらでもあると思っていたのである。

しかし、ひょっとすると、「エゴマの葉」を輸入して日本で加工するのではなく、醤油漬けになった製品を輸入しているのかもしれない。それなら「輸入品」となっている理由も良く解る。

その場合、輸入元は韓国じゃなくて中国であるような気もする。人件費の高騰している韓国では、もう随分前から、キムチも中国で作らせて輸入していたくらいなのだ。

韓国を訪れた2013年の4月、在韓華僑の友人兄弟に「何処の料理屋のキムチも同じような味だと思いませんか?」と訊かれた。なんでも、殆どの料理屋や食材店が中国から輸入されたキムチを扱っているという。

それは、日本から来た友人夫婦を案内して、チャンジャ(鱈胆の塩漬け)等の食品を売る店に出かけた際、私も自分の目で確認していたので、それほど驚かなかった。

在来市場の一角にあるチャンジャの店は、日本のガイドブックにも記載されている人気店で、友人の奥さんは、「韓国へ行く」と言ったら、方々から「それなら是非」と土産物を頼まれてしまったらしい。

観光客など殆ど来ない市場の中で、その店の前だけは日本人観光客が溢れかえっていた。店は作りも品揃えも他店と余り変わりないように思えたが、店主のアジュモニ(おばさん)が流暢な日本語を話すところが違っていた。

おばさんは、日本語が流暢なだけでなく、品の良い気配りも申し分なく、『若い頃はさぞかし美しかっただろう』と思わせる容貌もあって、「市場の女将さん」という雰囲気では全くなかった。どちらかと言えば「学校の先生」のような感じだった。

来客には全てヤクルトを一本ずつサービスするという「おもてなし」の心で、友人夫婦の買い物が終わるのをボンヤリと立って待っていた私にも、すかさず椅子を用意してくれた。

それで、おばさんに丁重に韓国語で礼を述べて椅子に腰かけた後のことである。座って目線が下がると、各商品の陳列ケースの前に表示してある原産地名が自然と目に入るようになった。韓国では市場の店にも原産地表示が義務付けられていたのだろう。全ての陳列ケースに、おそらくは偽装の余地もなく、原産地名が表示されていた。

驚くことに、その殆どは「중국산(中国産)」というハングル表記だった。中には「러시아산(ロシア産)」なんていうのもあったが、「국산(国産)」というのは一つしかなかったように記憶している。

呆気に取られて一つ一つ確認してから顔を上げたら、不安そうな表情でこちらを見ているおばさんと目が合ってしまった。

もちろん、その場でそれを指摘したりする野暮なことはせず、私は立ち上がって、時間潰しに周囲の店を覗いてみたりした。

隣には、作りも品揃えも殆ど変わらない食品店があったけれど、こちらは来客もなくガランとしていて、如何にも市場の女将さん風のおばさんが手持無沙汰に座っていた。私が挨拶してから、当たり障りのない話で場を紛らわそうとしたら、おばさんは気持ちよくカラカラと笑ってくれた。

しかし、今、あの二軒の店はどうなっているだろう? 日本人観光客も殆ど来なくなり、どちらも同じようにガランとしていて、おばさんたちも手持無沙汰に『昔は良かったねえ』『おたくはそうかもしれないが、うちは昔も良くなかったよ、ハハハハ』なんて語り合っているだろうか?

f:id:makoton1960:20211117151340j:plain



鶴橋の「変わらない街の雰囲気」と「変化」

昨日、夜勤明けに大阪の鶴橋へ出て、駅の周囲を少し歩いてみた。

鶴橋を初めて歩いたのは、1989年だった。以来、32年の間に何度この街を歩いたことだろう。

32年の歳月を経て様々な変化があったけれど、来るたびに驚かされるのは、その「変化」よりも「変わらない街の雰囲気」ではないかと思う。

私は32年前もキムチ等の食品を売る店のおばさんたちと韓国語でやり取りした。今は私の韓国語が下手になっただけで、おばさんたちの訛りのある日本語と韓国風のファッションは殆んど変わっていないような気がする。

しかし、32年前のおばさんたちが、そのまま変わらずにキムチを売り続けて来たわけはないのである。

32年前の当時、私は29歳で、50歳ぐらいの韓国人女性は、もちろん「おばさん」だから、躊躇わずに「아주모니(アジュモニ)!」と声をかけた。

昨日、チヂミを食べた店のおばさんも50歳ぐらいじゃないかと思うけれど、今や61歳で、多分、彼女より遥かに年上の私が「아주모니(アジュモニ)!」と呼びかけて良いものか、ちょっと考えてしまう。32年前、彼女は18歳ぐらいの少女だったのである。歳月というのは、なんと恐ろしいものなのか・・・。

だから、当然、変わらない街の雰囲気の中で、「はっ!」とするような新しさに感じ入ったりもした。

例えば、アパレルの店に掲げられた「고속터미널(コソクターミナル)」という看板。

かつての東大門のように、ソウルの高速バスターミナルのファッションモールが、韓国の新しいファッションの発信基地になっていて、そのファッションを日本で展開している店なのだそうである。

ネットでは「高速ターミナル」という店名で紹介されているけれど、店に掲げられた看板にも、上記のウエブサイトのHOMEにも「고속터미널」というハングルが記されているだけで、ハングルそのものが既に洒落たファッションの一つになっているのかもしれない。

時代は変わった!

f:id:makoton1960:20211114153607j:plain

f:id:makoton1960:20211114153512j:plain

f:id:makoton1960:20211114153528j:plain

f:id:makoton1960:20211114153648j:plain

f:id:makoton1960:20211114153711j:plain

f:id:makoton1960:20211114153735j:plain




 

 

銀行の順番待ち

水道料金の支払い期限が過ぎてしまい、コンビニでは受け付けてもらえなくなったので、今日、銀行の窓口で支払いを済ませた。

銀行ではかなり待たされるのではないかと思ったけれど、そうでもなかった。

引いたレシートの受付番号は「062」で、電光掲示板を見ると「055」が受付中だった。その後も順調に数字が繰り上がって、10分程度の待ち時間で済んだ。

トルコの銀行では、結構長い時間待たされることがあった。しかも、私が口座を持っていた銀行は、受付番号をランダムに出すシステムを使っていたので、レシートの数字を見ても、どのくらい待たなければならないのか見当がつかなかった。数字は200番台から100番台に戻ったり、また300番台に上がったりした。

何故、そんなシステムを使っていたのか解らないが、おそらく、順番通りにして待ち時間の見当がつくと、銀行内で待たずに、何処かへ行ってしまう連中が余りにも多いからではなかったかと思う。

しかし、番号がランダムで出るようになったら、今度はそれに対抗処置を取る人もいたようだ。

私が大人しく順番を待っていると、先ほどまで隣に座って待っていた人が来て、ポケットからレシートを取り出すと、「私はもう済んだが、このレシート、君の役に立つかもしれないよ」なんて言いながら、私にくれたりしたのである。

中にはレシートを引いてから、何処かへ行って用事を済ませ、また戻って来てレシートを引くのを繰り返していた人がいたかもしれない。

merhaba-ajansi.hatenablog.com

 

 

「トルコ人」というアイデンティティー

3日ほど前、トルコの南東部クルド・アラブ地域のバットマンで、学生との対話集会に参席したエルドアン大統領に対してクルド語で話しかけた女子学生が話題になっている。

政権寄りの識者たちは、これをクルド問題における大きな前進と評価しているようだが、果たしてどうなのだろう?

学生は、クルド語で話しかけた後、自分でそれをトルコ語に訳しているけれど、その内容は徹頭徹尾エルドアン大統領を褒め上げるもので、これを拍手喝采している参加者たちを見たら、ひと頃流行った「喝采屋」という言葉を思い出してしまった。

喝采屋:政権のやることには何でも拍手喝采する人たちを「şakşakçı」と揶揄する言い方があって、私はこれを「喝采屋」と訳してみた。

かつてエルドアン政権を支持していたものの、現在はかなり批判的なニハル・ベンギス・カラジャ氏は「政権は(トルコ民族主義的な)MHPの影響でアンチ・クルド的な傾向を強めていたので、クルド人の動向に懸念を抱いている。・・」と述べ、これもクルド人との関係を修復するためのものではないかという見解を明らかにしている。

もちろん、対話集会には政権支持派の学生を集めていたに違いないが、それ以上にやらせ的な要素もあったということだろうか?

YouTubeの映像を見ると、発言している学生の直ぐ右後方に、農産大臣等を歴任したAKPの重鎮メフディ・エケル氏の姿がある。ディヤルバクル県出身のクルド人クルド語に堪能なエケル氏は、学生のクルド語に耳を傾けながら、途中でマスクを外している。場合によっては、自分が通訳しなければと思ったのかもしれない。エケル氏は学生が突然クルド語で話し始めたので驚いていたようにも見える。「やらせ」があったとしても、クルド語発言までは「シナリオ」になかったような気もする。

とはいえ、カラジャ氏が嘆いたように、現在のエルドアン大統領が民族問題で以前の革新的な姿勢から退いてしまったのは確かだと思う。

なにしろ、かつてはエルドアン氏が自ら「トルコ人ではなく『トルコに住む人』と言おう」などと提唱していたのである。

ジャーナリストのエティエン・マフチュプヤン氏は、上記の2ケ月ほど前の記事で、現政権は国家に取り込まれてしまったというように述べていたけれど、エルドアン氏は元々国家の側にいた人であったのかもしれない。

しかし、「トルコに住む人」などと言わなくても、「トルコ人」というのは、「アメリカ人」のように民族性を持たない概念であるという了解が得られつつあるようにも思われる。

昨年の10月に亡くなったマルカル・エサヤン氏は「オスマン帝国は、現在のアメリカ合衆国のようだった」と語っていたが、アルメニア教会で営まれたエサヤン氏の葬儀にはエルドアン大統領夫妻も参席している。

政治的な動向はともかく、トルコの社会は、その発展の中で、以前、人々の間を仕切っていた様々な垣根を取り払ってきたのではないだろうか?

9月にニューヨークで催された「トルコ館」のオープニング式典には、トルコ国籍を有する在米国ギリシャ正教会のエルピドフォロス大司教も参席して、「ここは私たち皆の館ですから・・・」と話していた。

トルコに住んでいる人たちが、民族性や宗教の違いを乗り越えて、誰もが「トルコ人」というアイデンティティーを持つことが出来て、それが特に不思議とも思われない時代は、もう直ぐそこまで来ていると思う。

merhaba-ajansi.hatenablog.com