メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

美食の喜びも3000円の壁?

この「私が乗っていた高級車とは?」という駄文にも記したように、私は自動車を所有していたことがないし、今後も買いたいとは思わない。

仮に「一億円宝くじ」が当たったとしても車は買わない。というより、同様に高額なもので買いたいものなど何一つ思い浮かばない。衣類や装飾品、骨董品のようなものにも全く興味がない。

ずっと貧乏暮らしだった所為かもしれないが、若い頃からお金があっても買わなかったと思う。身嗜みに気を配るのは煩わしいと感じていたくらいだ。

おそらく、「一億円宝くじ」が当たったら、使いどころに困ってしまう。

方々を旅してみたいという欲求はあるが、これも範囲が限られている。それは国内、トルコ、韓国の各地ぐらいで、言葉の通じない所には余り行きたいとも思わない。

トルコでは、仕事の地方出張で「ヒルトンホテル」などに泊まらされたこともあったけれど、部屋が広いのに驚いて良く眠れなかった。カプセルホテルの方がよっぽどましだと思った。これは貧乏性の所為だろう。でも、寝るだけならカプセルとは言わずともビジネスホテルで充分である。だから、各地を旅して歩いても一億円はなかなか使い切らないような気がする。

後は飲食だが、おそらく、私の贅沢に対する欲求で最も強いのは「美食」じゃないだろうか? やはり美味しいものは食べたくなる。食欲と性欲は人間の根源的な欲望に違いない。

しかし、トルコではかなり高級なレストランで御馳走になったこともあるし、ワインならウン万円のものを御相伴に預かったこともあるが、特に感動もしなかった。

例えば、ワインの場合、いつも700~800円の廉価品を飲んでいて、何かの機会に3000円ぐらいの奴を飲まされたりすると、『これは確かに美味い!』と大いに感動したりしたけれど、それ以上になっても3000円の奴との差が良く解らないのである。これは貧乏舌の所為だろうか?

料理もそうである。1000円と3000円の差は解ることも多いが、もっと高い高級な店で食べても、いまいちその味の違いが解らない。解るのは、店内の調度品が立派になるのと、店員のサービスがやたらに良くなることぐらいだが、それで嬉しいと感じたこともない。かえって煩わしかったり、場合によっては気分が悪くなったりした。これは高級ホテルでも同様である。

どうやら、私の味覚等は、3000円ぐらいで壁に突き当たってしまうらしい。まあ、「宝くじ」など当たるはずもないから、これでちょうど良いのかもしれない。

*この「ソウルの新世界百貨店」で従業員の皆さんから深々とお辞儀された時も余り良い感じはしなかった。

merhaba-ajansi.hatenablog.com

 

 

 

「姫路の美味しい中華」と「高い家賃を払っても商売になる料理店」

銭湯へ行ったりして姫路まで出ると、以前はいつも「餃子の王将」で食べていた。餃子は本当に安くて美味しい。しかし、酢豚や青椒肉絲のような料理は、いまいちパッとしない。そのため、毎回、食べるのは餃子とニラレバに決まっていた。

これではさすがに飽きて来たので、何処かで美味い酢豚が食べたくなり、ネットで探してちょっと高い店に行ったけれど、値段の割にはそれほど美味しくなかった。

こうなると、無性に酢豚が食べたくなる。数か月前、そうやって「酢豚」を考えながら、姫路の街を歩いていたら「新北京」という如何にも老舗風な中華料理屋の前に出たので、試しにそこで食べて見たところ、王将ほどではなくても結構安くて非常に美味かった。

以来、この数か月の間に何度か行ってみたけれど、青椒肉絲や回鍋肉も美味かった。しかし、餃子はいまいちだった。

何故、ネットで探した時は見つからなかったのだろうと、もう一度検索してみたら、随分後ろの方に出て来ることは出て来るが、評価は低い。

それでも、昼時は広い店内がいつも混んでいて、結構繁盛しているようだ。

店員さんに訊くと、今のオーナーが三代目で、それ以前に旅館だった時代も含めれば、その歴史はかなり昔まで遡るらしい。

そのくらいの老舗だから、ネットなど見ない地元の常連さんたちが来てくれるのだろう。ネットの評価が低いと行列が出来ないから、常連さんにとっては却って有難いかもしれない。

シェフは中国から来たそうだが、既に35年になるので、すっかり日本の中華になっていますと店員さんは笑っていた。

確かに、ガチ中華と町中華の間ぐらいで、これといった特徴もない。安くて何を食べても平均的に美味しいといったところである。

広い宴会場もあるという旧館の方は、かなり渋い造りだが、特にレトロ感を出すような工夫もしていない。これではネットの評価が低くても仕方がない。

姫路にはレトロな雰囲気を売りにしている老舗の中華もあって、ネットでも評判のシュウマイを食べてみたけれど、『これならファミマの肉シュウマイをチンして食べた方が安くてよっぽど美味いなあ』という感想しかなかった。しかし、レトロな雰囲気は確かに良かったかもしれない。

「新北京」の三代目オーナーには余り商売っ気がないようである。おそらく、あそこは先祖代々の土地で家賃も払っていないだろう。だから、廉価でそこそこの料理を提供できるのだと思う。

30年ぐらい前、友人から以下のような話を聞いた。

都内の繁華街で長年にわたり自分の持ち家でラーメン店を営んでいた老夫婦が寄る年波に勝てず、店を閉めて隠居することになった。自然の素材で丹念に出汁を取ったラーメンは非常に美味しかったそうだ。

そこへ不動産屋の営業マンがやって来て、『店舗の部分をテナントで賃貸に出しませんか?』と持ち掛けた。

隠居する老夫婦には充分な住居の棟もあったので、特に家賃収入など期待することもなく承諾したところ、テナントにはチェーンのラーメン店が入って来たという。

それから、1年だか数か月だか過ぎて、老夫婦のご主人が友人にぼやいたそうである。

「世の中には不思議なことがあるものだ。今、何もしていないのに月々家賃の収入が入って来るのだけれど、その収入は、私たち夫婦が一生懸命ラーメン作って売り上げた収入より多いのだよ。あのラーメン店はそれだけ家賃を払いながら、どうやって利益を上げているのかねえ?」

友人は「化学調味料で済ませれば、ラーメンの原価など高が知れているから充分儲かっているのだろう」と笑っていたが、そのラーメン店で食べているお客は、ラーメンの代金というより家賃を払わされているようなものだろう。

まあ、高い家賃を払っているような店は、なるべく避けた方が無難であるかもしれない。



 

 

トルコ共和国は地域の平和の要

上記の駄文でお伝えしたように、かつては反イスラム的と思われていた共産主義者のドウ・ペリンチェク氏も今はイスラムを否定していない。それと共に、オスマン帝国の歴史も肯定的に語るようになったのではないかと思う。

ペリンチェク氏に限らず、多くの左派的な人たちがオスマン帝国の栄光を語り始めたため、「トルコ共和国オスマン帝国へ回帰するのではないか?」と危惧する向きもあるようだけれど、どうだろう?

トルコ共和国は、オスマン帝国を倒して樹立されたので、その正統性を得るために当初はオスマン帝国を否定しなければならなかった。オスマン帝国が統治原理としていたイスラムに対しても、政教分離が特に強調されたりした。

しかし、来年に100周年を迎える共和国は、既に揺るぎない正統性を確立している。政教分離も同様である。そのため、殊更オスマン帝国イスラムを否定的に語る必要がなくなったのではないだろうか?

100周年の来年には、大統領選挙も行われるが、以前のような「イスラム主義と政教分離主義の対決」といった構図は全く見られない。出馬が表明されている現エルドアン大統領を未だにイスラム主義者であると考えている人たちは、もう余りいないと思う。

おそらく、選挙の争点は「経済の低迷」であるとか「難民の問題」になる。

エルドアン支持派は、これに対して「反エルドアンの野党候補は米国の傀儡である」と主張して、争点の転換を図ろうとしている。それは、米国のバイデン大統領が就任する前の選挙戦中に「クーデターで倒せなかったエルドアンを選挙で倒すためにトルコの野党を支援する」と発言したことに起因していて、全く根拠の無い主張というわけではない。

野党連合の統一候補として出馬が有力視されている最大野党CHPのクルチダルオール党首は、前党首のバイカル氏がセックススキャンダルを仕掛けられて退任に追い込まれた後、党首の座に就いたが、それまでの経歴には余り目立ったところもなく、突然の急浮上は確かに不可解だった。そのため、セックススキャンダルそのものが米国の庇護下にあるギュレン教団の仕業だったのではないかという陰謀論も取り沙汰されている。

一方、クルチダルオール党首が異端のアレヴィー派であることを「非常に不利」と見做す意見も多く聞かれるけれど、少なくとも若い世代がこういった「イスラムの宗派対立」に影響されるとは思えない。

トルコ共和国は産業化と都市化の過程で、宗派対立を含むイスラムの問題を既に解決していると考えられるからだ。

そもそも、トルコにそれほど深刻なイスラムの問題があったのだろうか? 

これもクルド問題と同様、欧米から持ち込まれた議論だったのかもしれない。ドウ・ペリンチェク氏のような人たちなら、「トルコにはイスラムの問題もクルドの問題も無い! あるのは米国という問題だけだ」とでも言いそうな気がする。

いずれにせよ、来年の大統領選挙も予測の難しい拮抗した闘いになると思われるが、軍を始めとする国家の機構がエルドアン支持で結束を固めているのは明らかじゃないだろうか?

エルドアン氏のAKPが第一党に躍り出た2002年の選挙とは、この点で大きく異なっている。2002年には、AKPが反体制であるかように言われていたけれど、今や当時の体制派である野党CHPが「反国家、米国の傀儡」などと喧伝されているのである。

しかし、バイデン大統領は、米国の言うことを聞かなくなったエルドアンを倒したいと思ったに違いないが、仮にCHPのクルチダルオール党首が大統領になったとしても、トルコは米国の言いなりにならないだろう。

大統領が誰であるかに拘わらず、国家としてそれを許さないのではないか? この場合、米国の交渉相手は、大統領ではなく、その背後にいる軍になってしまうかもしれない。

トルコ軍は超エリート集団であり、教養も高く決して粗野ではないが、強い愛国の精神により、妥協や譲歩は受け入れそうにもない。エルドアン大統領は、遥かに柔軟な交渉相手と言えるような気もする。おそらく、現在は米国もそれに気が付いているはずだ。

そして、トルコ共和国そのものが、バルカン半島からユーラシアにかけての地域で平和を維持するためには欠かせない交渉相手であることに理解が得られたならば、中東にも本当の春が訪れるだろう。

アタテュルクの「国内に平和、世界に平和」は、トルコ共和国の外交姿勢を明らかにした言葉であると思う。

merhaba-ajansi.hatenablog.com

 

第三次世界大戦の可能性?

ウクライナ戦線で苦境に立たされたロシアが部分的動員令を宣言したという。もっとも、ウクライナの方は、もとより男子の海外渡航まで禁じる総動員の態勢で臨んでいた。

トルコの軍事評論家らによれば、ウクライナが攻勢に転じたのは、米国が射程距離の長いミサイル等の高度な兵器を供与し始めたからだそうである。

当初、米国はそういった兵器の供与によって、戦争が「ロシアと西欧」の戦争に拡大するのを恐れていたが、ロシア軍の進撃にウクライナ側が対抗する術を失ったため、覚悟を決めてしまったのではないかと言われている。

しかし、NATOの兵力はロシアのそれを遥かに上回っているものの、選挙を控えている欧米は世論の動向を気にしなければならない。この点、ロシアはどうだろうか? 

60~70年代、北朝鮮と対峙していた民主主義陣営の韓国には、多少、政府を批判したりデモを行ったりする「自由」が認められていたけれど、金大中氏のように政権を脅かすほどの存在になれば、拉致して投獄することも躊躇わなかった。ロシアでも同様の事件が起きている。

87~88年、韓国に滞在していた頃に聞いた話で真偽のほどは解らないが、当時の選挙は、兵役に就いていた若者たちが部隊ごとに投票させられて、その部隊から一票でも野党票が出た場合、全員が懲罰を受けるという非常に不公正なものだったらしい。これと似たようなことはロシアでも行われているのではないだろうか?

そのため、ロシアは世論の動向などお構いなしに戦争を進めることが可能であるかもしれない。

なんだか「第三次世界大戦」も全くの妄想とは言えなくなってきたような気がする。

以下の駄文で紹介した「さまよえるハプスブルク」には、第一次世界大戦ハプスブルク帝国という多民族帝国が崩壊し、国民国家の誕生する過程が描かれていた。

第二次世界大戦では、「大日本帝国」という多民族帝国が崩壊させられている。すると、「第三次世界大戦」はロシアという多民族国家が崩壊して行く過程になるのだろうか?

米国は、第一次でも第二次でも自国を戦場にしないまま一方的な受益者となったけれど、「第三次」でもそれは可能であるかもしれない。

仮に、ロシアが崩壊した場合、ユーラシア地域は未曾有の大混乱に陥るだろう。それは「ユーゴスラビアの崩壊」などとは比較にならない規模になってしまいそうだ。

米国はウクライナを傀儡国家として支配できたとしても、さすがにロシア全域を支配できるとは思えない。それでも、大混乱の中で兵器の供与を続けて莫大な利益を上げる・・。

以上は妄想の範囲を出ない説であるかもしれないが、いずれにせよ、今後の展開はどちらに転んでも世界に大きな災いをもたらすに違いない。

特に、トルコのような周辺に位置する国は堪ったものじゃないだろう。自国の安全を確保するためにも、懸命に停戦交渉の仲介に努力するのではないかと思う。

 

 

私は食べ過ぎで運動不足?

一昨日の日曜日、姫路の銭湯で入浴前に体重を計ったら「59・80㎏」、入浴後には「57・35㎏」まで落ちていた。

警備員をやっていた頃も緩い糖質制限は続けていたけれど、なかなか体重は減らなかった。やはり、配送の運転手に転職して、毎日の運動量が増えたお陰じゃないかと思う。

糖質制限と言っても、ご飯や麺類を余り食べないようにしているのと甘いお菓子をシャットアウトしているぐらいで、それほど厳しくやっているわけじゃない。

先週は、60㎏を下回ったご褒美に丸福珈琲でホットケーキを食べたりしている。

しかし、あのホットケーキは朝食兼昼飯で、晩まで他には何も食べなかった。食べる量もかなり減らしているのである。

そもそも、現代の私たちが異常に食べ過ぎているだけで、昔の人たちはかなり少食だったらしい。そんなに食べなくても栄養のバランスさえ考えていれば、運動量を増やしても結構持つようだ。

40年ぐらい前、ボクシングの雑誌に、当時の世界ウエルター級王者ドナルド・カリーの1日の練習量と食事量が詳細に記載されていた。試合前の減量中ではなく、普段の日の記録だったそうである。それを読んだら「こんな激しい練習をして、こんな少ししか食べなくて大丈夫なのか?」とびっくりした。ウエルター級はリミットが66㎏だから、普段の日は70㎏以上になっていただろう。

あれを考えたら、今の私は「食べ過ぎ」で「運動不足」である。もう2㎏ぐらい減らしても良いのではないかと思う。





共産主義者ドウ・ペリンチェク氏のイスラム?

トルコの上海協力機構への加盟を巡る議論、断固反米の姿勢で知られる祖国党のドウ・ペリンチェク氏は、加盟と共にNATOからの脱退を強く主張している。

祖国党は2015年までの「労働者党」であり、ペリンチェク氏は共産主義による革命を標榜していた。

そのため、かつては親ソビエトだったが、今も親ロシアであり、子息のメフメット・ペリンチェク氏はモスクワ大学で教鞭を取っている。

親ソ~親ロの根底には「断固反米」があるのだろう。「市場経済を制限する」といった主張も全く変わっていない。

変わったのは、イスラムに対する見解であるかもしれない。

以前は、かなり否定的な見解を示していたのではないかと思うが、党名を「祖国党」に変えた辺りから、イスラムを認める方向に転換したようである。

自身の宗教についても、「トルコ国民の大多数がイスラム教徒であるように私もイスラム教徒である」などと言い始めている。

2019年には、「聖ムハンマド武装した預言者による文明の革命」という著作を著しているけれど、これはムハンマドの現実的な戦略家としての側面を強調した内容であるらしい。

実際、ムハンマドは、カルト的な教祖だったのではないかと言われるイエスや厭世的な思想家だったブッダと異なり、当時のアラブ社会の常識人であり、商人としても軍人としても成功し、アラブ社会に秩序をもたらした類まれな統治者と言えるのではないだろうか? 

エルドアン大統領も「手本とする指導者」として他の政治的な指導者らと共にムハンマドの名を上げている。機会があれば、私もペリンチェク氏の著作を読んでみたい気がする。

ペリンチェク氏の祖国党は、現在、議席すら持っていない弱小政党ではあるものの、かねてより軍部に影響力があるとされ、党の主要メンバーにはイスマイル・ハック・ペキン氏のような退役将軍もいる。

今、考えて見ると、以下の駄文でお伝えした出版社を経営する知人の支持政党は、当時の「労働者党」だったのだろう。ちょうどあの頃から、ペリンチェク氏はトルコの民衆の発展とイスラムを認めるようになっていたのかもしれない。

しかし、昨年、ペリンチェク氏はイランで開催された「イスラム覚醒の総会」にビデオメッセージを送って、これが話題になっていたようだけれど、以下のYouTube動画からそれを視聴してみたところ、米軍を追い出したアフガニスタンを称える話が主であり、イスラムについては殆ど何も語っていないので、ちょっと呆れてしまった。

-----------------------------------

*「聖ムハンマド武装した預言者による文明の革命」


 

上海協力機構首脳会議の会場で腕を組んで歩いたエルドアン大統領とプーチン大統領

ウズベキスタンサマルカンドで開催された上海協力機構の首脳会議に、NATOの加盟国であるトルコが「対話パートナー」として参加したのは、もっと大きく報じられても良いニュースだったのではないかと思う。

もちろん、トルコでは各ニュース専門局の討論番組で中心的な議題となっているようだ。

「対話パートナー」とはいえ、エルドアン大統領にアカル国防相やフィダン情報局長等々の主要閣僚も帯同する大代表団で乗り込み、エルドアン大統領が「正式加盟を目標とする」などと発言したため、討論番組では加盟の是非を巡って議論が闘わされているらしい。

もっとも、「加盟を申請する」と言ったわけではないので、これは今後の情勢次第ということになりそうである。

エルドアン大統領はサマルカンドプーチン大統領とも会談し、当然、ウクライナ情勢についても話し合ったのではないかと言われている。

会場で両大統領が腕を組んで歩く場面も大きな話題になっているけれど、これはウクライナで苦境に立たされたロシアのプーチン大統領が停戦交渉の仲介をエルドアン大統領に強く望んでいるからだと論じられたりしている。

この場合、トルコがNATOの加盟国であるところが重要だから、トルコのNATO脱退をロシアが望むはずはないだろう。

ウクライナの攻勢がどのくらい続くのか解らないが、米国はかなり高度な武器も供与し始めたという。問題は、ロシアが当初より目標としているクリミヤ半島の周辺にウクライナが攻勢をかけられるかどうかに掛かっているそうだ。

トルコとしては、自国の安全のためにも、停戦交渉の仲介はこれまで通り続けるに違いない。戦争が長引けばウクライナも疲弊する。この戦争に勝者はない、いるとすれば、それは米国じゃないだろうか? 

戦後の復興過程でウクライナは半ば植民地化されてしまうかもしれない。トルコの仲介による停戦交渉が実現されるように祈りたいと思う。

www.sabah.com.tr