メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

何故、欧米は少数民族など他国の問題に干渉したがるのか?

第一次世界大戦以降、欧米は「民族自決」を提唱して、他国の少数民族の問題に干渉するようになったという。

オスマン帝国第一次世界大戦後に崩壊し、トルコ共和国という民族国家に生まれ変わったが、欧米はクルド人をトルコ国内の少数民族であると認定して、その問題に干渉し続けた。

「トルコのクルド人」は日本でも研究の対象になり、多くの本が出版されている。私もこの問題には少なからず関心があった。

ところが、トルコで暮らし始めてから、トルコの人たちの「民族」に対する感覚が、我々とはどうも大きく異なっていることに気がついた。

まず、各々の出自に関して、驚くほど拘りがない。例えば、「私の父方はアルバニア人、母方はグルジア人で私はトルコ人です」と言う人がいても当たり前に受け入れられているし、そんな人は珍しくもない。エルドアン大統領も母方はグルジア人だそうである。

つまり、「トルコ人」というのがエスニックによる民族ではないことを人々はもともと認めていたのではないかと思う。

今は少し変わってきたかもしれないが、日本で「私の父は中国人、母は韓国人、私は日本人です」と自己紹介する人がいたら、大概、『ええっ?』と訝しげに見られてしまっただろう。

近年、トルコでも民族主義が盛んになって来たと言われているものの、エスニック的な主張が強くなったわけではない。却って、エスニック的な拘りは減って来たように思える。

2016年頃になって、それまで「中央アジアから来たトルコ人」を自称し、無宗教を主張していた友人が、平然と「トルコ人というのはオスマン帝国イスラム教徒のことだよ」と言い始め、自分たちの宗教も認めてしまったのには驚いた。

もっとも、彼が「酒を飲み礼拝はしないイスラム教徒」である点に変わりはなく、アイデンティティの要素が多少変わっただけらしい。

トルコで盛んになって来た民族主義は、「我々は皆、オスマン帝国イスラム教徒である」という民族主義であるかもしれない。この「オスマン帝国イスラム教徒」には、もちろんクルド人も含まれる。

そもそも、現代トルコ語で民族を表す「ミレット」という言葉は、オスマン帝国時代、「イスラムのミレット」というように宗教の属性を表す言葉だったそうである。

こうした知識と共に、トルコの「民族」がエスニックに由来するものではないことを私は理解するに至ったものの、「クルド問題」に関してはなかなか問題の有無を疑うまでには至らなかった。

しかし、最近はこのクルド問題も、オスマン帝国の末期以来、欧米によって作り出され扇動されてきた「問題」ではなかったかと疑っている。

イスラムの「問題」に関しても、政教分離主義的なトルコの知識人が、「私たちは西欧で提起されたイスラム問題にふりまわされていたかもしれない」と述べていた。

産業化・都市化の中で自然に解消されるような問題を、西欧の人たちはイスラムの特殊性に結び付けて論じ、トルコの知識人もこれに倣ってしまったというのである。

 民族問題でも、西欧の議論をそのままトルコに持ち込んでいたようなところがあったかもしれない。

ソビエトも、西欧のマルクス主義由来の民族自決論により「ウクライナ社会主義共和国」等々を作り、これは現在のロシアにとっても大きな問題になってしまっているが、ロシア人の民族の感覚も、西欧のそれとは少し違っていたような気がする。

ロマノフ朝にはポーランド系やドイツ系など様々な出自の貴族がいたようだ。「水師営の会見」”で有名なステッセル将軍はドイツ系だったという。そもそもエカテリーナ女帝からしてドイツ人だった。

民族自決を掲げたソビエトの独裁者スターリングルジア人である。私たちは韓国人の独裁者が権力を掌握した「日本」を想像できるだろうか?

やはり共産主義を導入した中国も少数民族の問題を決して無視しては来なかった。

1997年、大阪に住んでいた頃、アルバイトの職場に上海出身のおばさんがいて、ある時、中国語で嬉しそうに話してから電話を切ると、「良かったわ。上海の友人が少数民族だったのよ」と言ったのである。

何事かと思ったら、中国では少数民族の場合、大学への入学が楽になる制度があるため、大学進学を控える子供のいる親は、自分たちの出自を調べてみるらしい。2~3世代前でも少数民族であることが明らかにされれば、その対象になるからだという。おばさんの友人は有難いことに少数民族だったそうだ。

これも日本では考えられない。出自を調べて「日本人じゃなかった」と喜ぶ人が何処にいるだろう?

その友人がどういう少数民族だったのか聞き洩らしたけれど、例えば、満州族などは、かつての支配階級だったため、平均的な教育水準が、もともと漢族より高かったらしい。その満州族も対象になっているのだとしたら、なんだかお粗末な制度ではないかと思ってしまう。

満州族は、支配民族が少数民族を同化させるという類型にも当てはまっていない。満州族は征服して支配した民族に同化してしまった。

それから、少数民族に関しては、「一人っ子政策」の適用も二人までに緩和されていたそうだ。結構、少数民族の問題には熱心に取り組んで来たのである。

一人っ子政策」は、共産主義と同様、科学的な計算に基づき、「人口爆発」を抑えるために始めたらしいけれど、その後、インドが産業化・都市化に伴って、自然と出生率を下げて行ったのを見れば、中国もあれほど無理をしなくても良かったような気がする。

中国は間もなく人口でインドに抜かれてしまうばかりか、極端な高齢化の危機にも直面している。「一人っ子政策」などやるべきではなかった。

例えば、中国の国家が行なってきた重大な人権侵害の一つは、この「一人っ子政策」じゃないだろうか? 

以下の駄文に登場する福建省の友人は、子供を2人作ってしまった為、警察に呼ばれて強制的にパイプカットされてしまったそうだ。しかし、人権にうるさい西欧が「一人っ子政策」を非難したという話も余り聞いていない。どうやら、自分たちの都合次第で何も言わなくなるらしい。