メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

ロシア軍はオデッサまで進撃するのか?

上記の駄文に、当初、トルコがスゥェーデンとフィンランド両国の「加盟を承認」などと誤って記述し、その後「加盟を支持」と訂正したけれど、そもそもトルコが支持したことによって両国の加盟が承認されるわけではないそうだ。

NATOへの加盟は、全加盟国の支持を得てから承認に向けて審査等の手続きが始まるという。その過程で両国がトルコの要求事項を履行しなければ、トルコは支持を撤回することも可能であるとトルコのメディアは報じていた。

そのため、現時点でトルコは、これを「外交的な勝利」と大袈裟に喜んだり、「米国の脅しに屈した」などと悲しんだり必要もない。喜ぶのも悲しむのも今後の展開次第であるらしい。

一方、この「NATO加盟問題」の進展をよそに、ロシア軍はオデッサへの攻撃を強めているという。

陥落直前のマリウポリに現地取材して、それを「ドンバス日記」としてアイドゥンルック紙(Aydınlık Gazetesi)に掲載したメフメット・ペリンチェク氏は、その中で「ロシア軍がオデッサへ進撃することに疑いの余地はない」と述べていたけれど、どうやらその通りになって来た気配がする。

ウクライナの平和はいったいいつになったら実現するのか・・・。