メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

展覧会の絵

(3月7日)

一昨日、友人に「只で酒が飲めるよ」と誘われて、ある展覧会のオープニングに出かけて来た。

絵画の良し悪しについては全く解らないが、一枚、ちょっと面白い絵が展示されていた。和服を着た女性が縄で縛られ、両足を露にされている図である。

作者の女性に訊くと、「日本のサドマゾがとても興味深かった」と言う。雑誌か何かで見た「緊縛」の写真を参考にして描いたらしい。

そこへ友人が来て、その絵を背景に作者の女性と並んだ写真を撮ってくれた。

翌日、友人がフェイスブックで送って来た写真を、よく考えもせずにシェアしたところ、「お似合いですね」とか「お幸せに」といったメッセージが書き込まれたので驚いた。

3分ほど立ち話しただけで、どういう方なのかも存じ上げない女性と「お幸せ」になったら大変である。

慌てて、その旨をメッセージで伝えたけれど、その後からも「お幸せに」が書き込まれた。

どうやら写真は見てもメッセージまでは読んでくれないらしい。

それなのに、写真から得た勝手な印象をもとに色々書き込んでくる。SNSはなかなか恐ろしいと思った。

仕方ないから写真を削除したが、いったいどういう想像を働かせると、私が突然「お幸せ」になってしまったりするのだろう?

f:id:makoton1960:20190623120618j:plain