メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

イズミルの地震/ユルマズ元首相の訃報

イズミル地震は、今朝、トルコ人の友人がフェイスブックに投稿したメッセージで知らされた。

イズミルは、1991年に初めてトルコを訪れて1年暮らした思い出深い街である。私のトルコにおける故郷と言っても良い。とは言うものの、1999年に半年ほど過ごしたのを最後に、長期間の滞在はなかったため、現在、直ぐに連絡の取り合える友人は二人に限られている。

1992年以来の友人であり、1999年にも世話になった韓国人のチェ(崔)さん、それから、1992年にエーゲ大学のトルコ語教室で学んだ時の恩師であるハヤーティ先生で、既にお二人ともメッセージのやり取りによって無事であることが確認できている。

しかし、チェさんの所では何か物的な被害が生じているようだ。今年になってトルコ国籍を取得した奥さんは、イズミルで韓国料理屋を始めていたようだから、そちらの状況が気になる。

今年はコロナの騒ぎもあり、なんというタイミングで悪いことばかり重なるのかと溜息が出てしまう。短期間の内に、全てが好転するように祈りたい。

イズミル地震が知らされる前、昨晩はトルコからメスット・ユルマズ元首相の訃報ももたらされている。

ユルマズ元首相は、私が初めてトルコを訪れた1991年に就任している。そのため、当時のイズミルを思い出しながら、しみじみと感慨に耽っていた。その数時間後に地震である。なんという一日なのかと思う。

merhaba-ajansi.hatenablog.com