メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

イタリアのチーズとトルコのチョコレート

イスタンブールにいた時分は、近所の小さなスーパーでも安くて美味しいチーズを手に入れることができた。

ところが、現在、福岡の柚須では、30分ぐらい歩いて、ミスターマックスのような大規模スーパーに行っても、普通のプロセスチーズ、あるいは“ナチュラル風”や“カマンベール風”といったプロセスチーズしか手に入らない。

それで今日は、博多へ出たついでに、駅ビルの中にあるカルディへ寄ってみたら、早くも店頭の冷蔵庫でゴルゴンゾーラのブルーチーズが目に留まった。値段も手ごろだったので、購入を決めてから、一応、さほど広くない店内を一回りしたところ、レジ前の棚に、ネッスルのピスタチオ入りチョコレート“damak”が並んでいる。

イスタンブールでは、これまた何処のスーパーでも“damak”が売られていたから、ぼんやりして特に珍しいとも思わず、そのまま通り過ぎようとして、あっと気がつき足を止めた。

ここは日本である。国際企業ネッスルの商品とはいえ、トルコ語の“damak”という名称で販売されているのは、かなり珍しい。

手に取って、パッケージを良く見ると、「原産国トルコ」など商品の説明を日本語で記した紙が貼りつけられているものの、パッケージそのものは表記も全てトルコ語で、どうやらトルコから直輸入されているようだ。嬉しくなって、ブルーチーズと共にこれも一つ購入してきた。

f:id:makoton1960:20190526155759j:plain