メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

霧のイスタンブール

 昨日(2月29日)の朝、イスタンブールは深い霧に覆われていたけれど、昼には晴れて大分気温も上がった。

私は連続ドラマのエキストラに駆り出されて、スルタンアフメットの撮影場所に朝から夕方までいた。晴れ渡った後も、時々、霧が風に運ばれて来て、アヤソフィアやブルーモスクの辺りに漂い、なかなか幻想的な光景を楽しむこともできた。

しかし、外国人の団体観光客はやはり少なく、何だか寂しい感じもした。救いは、危機に強い韓国人団体客が相変わらず姿を見せていたのと、マレーシアの人たちらしいグループを何度か見かけたぐらいである。

個人旅行者には、欧米風もちらほらいたが、中東か北アフリカ辺りからではないかと思われる人たちの姿が目立った。

ブルーモスクの記念撮影スポットにいたカップルは、アルジェリアから来たそうだ。

f:id:makoton1960:20190623114123j:plain

f:id:makoton1960:20190623114203j:plain

f:id:makoton1960:20190623114258j:plain