メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

韓流-クルド語

タクシムの韓国料理屋に寄ったら、店内のテレビで、トルコの国営放送“TRT”の番組を見せていて、どうやら韓流の時代劇のようである。

音声は聴こえて来ないが、トルコ語の字幕が出ていないところを見ると、吹き替えでやっているらしい。

トルコ人の従業員に、音声を上げてくれるように頼んで、耳を傾けてみたけれど、何を話しているのかさっぱり解らない。『あれれ?』と思って、もう一度、テレビ画面を良く見たら、それは“TRT6”クルド語放送で、右隅に記されている題名も“Prense efsanewi”とクルド語になっていた。(トルコ語では“Efsane prens”)

従業員は2人とも“クルド人”で、私が驚いているのを見て、「これはクルド語なんですよ」と笑っていた。

この韓流時代劇は、日本でも、“朱蒙”という題名で放映されていたようだ。

しかし、トルコ語ばかりか、クルド語の吹き替えまであるなんて、「韓流恐るべし」と思った。

いつだったか、“YouTube”で、「北イラククルド自治区に、日本企業の進出が遅れている」という日本のニュース番組を観たけれど、多分、韓国の企業はがんがん進出しているのだろう。

f:id:makoton1960:20191012143619j:plain