メルハバ通信

兵庫県高砂市在住。2017年4月まで20年間トルコに滞在。

日本で働く就学生(ネパールの人たち・他)

就学生たちの国々

私が配送センターへ送迎している就学生の7~8割はネパールの人たちではないかと思う。次に多いのがスリランカとブータンで、これにベトナムとパキスタンが続く。今、記憶にある限り、後はバングラデシュとナイジェリアの就学生が一人ずつ来ているだけであ…

福岡、そしてネパールとの縁

福岡にやって来たのは、諸々の事情によるもので、自ら希望した結果ではなかった。そもそも、ふところ具合が良ければ、イスタンブールを離れることもなかっただろう。 ネパールとの縁も不思議なもので、それまでネパールという国を意識したことさえなかった。…

就学生たちの命運

いつだったか、以前、朝日新聞に「漫歩余語」というコラムを連載していたフォトジャーナリストの于前さんが、1989年に中国から日本へ留学して、日本語や写真の技術を習得して行った過程を綴ったエッセイを読んだ。詳細まで覚えていないが、いくつものア…

就学生の今昔

15~20年前、秋葉原の電気街などで、中国人やインド人の店員さんの応対の素晴らしさに舌を巻いた。彼らは、主に外国人客の応対に努めていたけれど、日本語も完璧で、商品の説明も非常に分かり易く的確だった。あの頃は、相当に優秀な中国の人たちが日本…

時代はダイバーシティ!

11月から仕事の内容が大きく変わった。新しい業務は、工場や運送会社の配送センターへ、外国人就学生を派遣する送迎車の運転手である。ネパール人やベトナム人の就学生を、駅前等の集合場所から配送センターまで送迎するのが、この12日間の主な仕事だっ…